EPARK修理ショップ > コラム一覧 > 機種別ガイド > iPhone7Plus
更新 2017.04.20

iPhone7Plusの各パーツを前面、裏面、側面に分けて徹底解説

iPhone7Plusの各パーツ

2016年に発売されたiPhone7Plus。同時期に発売されたiPhone7と同様にiPhoneシリーズ初となるお財布携帯機能など最新機能が搭載されています。iPhone7PlusとiPhoneの最大の違いは、液晶サイズです。iPhone7Plusの方が大きいのが特徴です。そんなiPhone7Plusを快適に扱いたくないですか?そのためには、iPhone7Plusの各パーツにどんな役割があるのかを知ることも重要です。そこで、今回はiPhone7Plusの各パーツを前面、裏面、側面に分けて徹底解説していきます。

iPhone7Plusの各パーツ

iPhone7Plusの前面パーツを紹介

ホームボタン/Touch ID(タッチアイディー)

iPhone7Plusの下の方にある丸いボタンは、「ホームボタン/Touch ID」です。主にホーム画面へ移動やアプリの切り替え、Siriの起動を行うことができます。そして、これまでのiPhoneとは違い、iPhone7シリーズでは、タッチセンサーをベースに押した感触で起動するようなっています。

FaceTime(フェイスタイム)カメラ

iPhone7Plusの前面にあるカメラは、「FaceTimeカメラ」です。主に自撮りやビデオ通話などで使用されます。iPhone7に比べると性能が遥かに高く、2倍光学ズームや最大10倍デジタルズームが新たに加わっており、ズームをしてもクリアな写真を撮影することが可能になりました。

レシーバー

iPhone7Plusの上部についている横に長い部品は、「レシーバー」です。主に通話中に相手の声を再生させる場合などに使用されます。他にもシャッター音などでもレシーバーを用いられています。iPhone7シリーズからステレオサウンドでの出力に変わったため、これまでより立体感のある音声を聞くことができるようになりました。

iPhone7Plusの裏面パーツを紹介

iSightカメラ

iPhone7Plusの裏面にあるカメラは、「iSightカメラ」です。主に写真や動画の撮影に活用されています。iPhone7との最大の違いが、このiSightカメラです。iPhone7Plusでは広角レンズと望遠レンズを搭載したデュアルレンズカメラとなっています。これにより、今までのカメラよりもクオリティーの高い撮影が可能になりました。さらに、光学2倍ズームも搭載しており、デジタルズームとは違い、画質の劣化がなく、表現の幅が広がるのが魅力的です。

背面側マイク

iPhone7Plusの背面にある黒い点は、「背面マイク」です。主に通話中の声やボイスメモなどで活用されています。さらに、この背面マイクを含む複数のマイクで通話者の位置を把握し、効率的にノイズキャンセリングを行うときにも背面マイクは使われています。

トゥルートーンフラッシュ

iPhone7Plusの裏側にあるフラッシュは、「トゥルートーンフラッシュ 」です。主に写真撮影時のフラッシュや懐中電灯として活用します。2つのLEDライトを搭載しており、撮影の際は対象者に合わせた光量を自動調節してくれます。

iPhone7の側面パーツを紹介

スリープボタン

iPhone7Plusの右側側面にあるスイッチは、「スリープボタン」です。スリープモードのオン・オフに利用されます。さらに、3秒以上の長押しでiPhone7Plusの本体電源をオン・オフするのにも活用されます。ホームボタンとの同時押しでスクリーンショットが撮影できます。

SIMトレイ

iPhone7Plusのスリープボタンの下にあるバーツは、「SIMトレイ」です。主に各キャリアのSIMカードを挿入するためのパーツとなっています。また、SIMフリーのiPhone7Plusなら格安SIMなども使えます。ちなみに、最適なSIMカードのサイズはナノSIMです。大きさを間違えないようにしましょう。

サイレントスイッチ

iPhone7Plusの左側面にあるスイッチは、「サイレントスイッチ」です。主にマナーモードのオン・オフはこの部分で切り替えることができます。ちなみに、マナーモードのオン・オフの見分け方は、サイレントスイッチの部分にオレンジ色のラインが見えていればオン、見えなければオフの状態です。

音量ボタン

iPhone7Plusにあるサイレントスイッチの下にあるボタンが、「音量ボタン」です。主に音量調節を行うのに活用されています。そして、音量ボタンの「−」の部分は、スリープボタンと同時に長押しすることで、iPhone7Plusを強制終了させることができます。もしiPhone7Plusがフリーズしてしまったら使うようにしましょう。

Lightningコネクタ(ライトニングコネクタ)

iPhone7Plusの側面下にあるコネクタは、「Lightningコネクタ」です。主に充電やパソコンと接続する時などに使用されます。ちなみに、iPhone7シリーズからイヤホンジャックが無くなったため、Bluetoothではないイヤホンなどを接続する場合は、アップル独自の専用コネクタを経由して繋ぐこととなります。

マイク

iPhone7PlusにあるLightningコネクタ付近の2つの穴は、「マイク」です。主に通話などやボイスメモの音声を拾うために使われています。

ステレオスピーカー/マイク

iPhone7Plusの側面下にある5個ずつ並んでいる丸い穴が、「ステレオスピーカー」です。主に音声の出力が行われます。iPhone7シリーズからステレオサウンドとなりました。臨場感のある音声で、今まで以上に動画や音楽を楽しむことができるようになりました。

iPhone7plus

まとめ

以上がiPhone7Plusの各パーツの解説でした。iPhone7と比べカメラの性能が大きく進化しているのが特徴的です。その他にもこれまでのiPhoneから大きく変わった部分も多くあります。今回の解説を参考にiPhone7Plusを使ってみてください!

© 2017- bestcreate corp. All Rights Reserved