EPARK修理ショップ > 新着コラム

新着コラム15

近年のスマホ修理業界、登録修理業者とは?
2017.08.25

iPhoneをはじめとするスマホ(スマートフォン)は、テレビなどの電化製品とはちがい、普段から屋内外問わず持ち歩きます。そのため、朝起きてから夜寝るまで使うため、手をすべらせる、すれちがいざまに人に当たるなどして落とす機会も多く、破損・故障しやすいというのが特徴だといえます。

iPhone(スマホ)の画面が割れたらどうする?
2017.07.13

みなさんの周りで画面割れしているiPhoneをそのまま使っている方はいますでしょうか。
「修理しなくてもシールを貼れば使える」「修理代が高い」などと言ってそのままにしてしまっている方もいると思いますが、修理しないことで様々な問題が発生する可能性があります。

iPhone(スマホ)が水濡れ・水没してしまったらすぐ確認!
2017.07.13

水濡れ、水没はiPhoneユーザーのみならず全てのスマホユーザーの天敵です。
水濡れ、水没することにより、iPhone本体のコネクタ接続部分が損傷してしまったり、最悪の場合iPhoneが故障して電源が入らなくなってしまうこともあります。
iPhoneを水濡れ、水没させてしまった際、どのように対処していけばよいのでしょうか。
応急処置、修理等の水濡れ、水没したiPhoneへの様々な対処法を見ていきましょう。

iPhone7(アイフォン7)の各パーツ・スペックを解説
2017.07.13

2016年に発売されたiPhone7。最大の変化といえば、イヤホンジャックの排除です。この他にもカメラなどにも進化がみられます。iPhone7を最大限利用するには、各パーツがどう変わったかを知っておくことが大切です。そこで、今回はiPhone7の各パーツを前面、裏面、側面に分けて徹底解説していきます。

iPhone6(アイフォン6)の各パーツ・スペックを解説
2017.07.13

2014年に発売されたiPhone6。iPhone5シリーズからデザインをよりスタイリッシュに進化させ、スピーカー配置も特徴的となっています。そんなiPhone6のパーツがどう変わったのかを知れば、利用する際に非常に役立つのではないでしょうか?そこで、今回はiPhone6の各パーツを前面、裏面、側面に分けて解説していきます。

iPhone(スマホ)のバッテリーには寿命がある
2017.04.20

スマートフォンのバッテリーには寿命があり、永遠に繰り返し使えるものではありません。
現在のリチウムイオンバッテリーの性能は以前と比べ、格段に向上はしてはいますが、それでも購入から1年後からバッテリーが弱くなり始め、2年後にはバッテリーが一日ももたなくなってしまいます。
iPhoneのバッテリーは「消耗品」である、ということを踏まえ、バッテリーが弱まっていく1~2年の間にバッテリーを交換することも選択肢に検討しましょう。

iPhone7Plus(アイフォン7プラス)の各パーツ・スペックを解説
2017.04.20

2016年に発売されたiPhone7Plus。同時期に発売されたiPhone7と同様にiPhoneシリーズ初となるお財布携帯機能など最新機能が搭載されています。iPhone7PlusとiPhoneの最大の違いは、液晶サイズです。iPhone7Plusの方が大きいのが特徴です。そんなiPhone7Plusを快適に扱いたくないですか?そのためには、iPhone7Plusの各パーツにどんな役割があるのかを知ることも重要です。そこで、今回はiPhone7Plusの各パーツを前面、裏面、側面に分けて徹底解説していきます。

iPhoneSE(アイフォンSE)の各パーツ・スペックを解説
2017.04.20

2016年に発売されたiPhoneSE。その最も特徴的なところはデザインです。iPhone6シリーズ発売後にも関わらず、iPhone5sのデザインを再利用し、大きさはコンパクト。ただ、プロセッサーやメモリなどはiPhone6s相当のもので機能性が高いのが特徴です。そんなiPhoneSEを快適に使いたいですよね。それなら、まずはiPhoneSEの各パーツにどんな意味があるのかを知ることが重要です。なので、今回はiPhoneSEの各パーツを前面、裏面、側面に分けて徹底解説していきます。

iPhone(スマホ)のボタンが反応しないときは
2017.04.20

iPhoneには数は少ないですが、物理ボタンが搭載されており、それぞれが重要な役割をもっています。
それぞれのボタン類が故障してしまうと、場合によってはiPhoneの使用が出来なくなってしまうこともあります。
iPhoneのボタンが破損や故障した場合は速やかに修理をするようにしましょう。

iPhone6s(アイフォン6s)の各パーツ・スペックを解説
2017.04.20

2015年に発売されたiPhone6s。少し前に発売されたiPhone6よりも性能が高いのが特徴となっています。そんなiPhone6sを、より快適に使うなら、各パーツにどういった役割や性能があるのかを知っておくのがオススメです。そこで、今回はiPhone6sの各パーツを前面、裏面、側面に分けて解説していきます。

iPhone(スマホ)から声や音が聞こえないときは
2017.04.20

iPhoneではマイク、スピーカーが故障したことによって「通話中に相手に声が届かない」、「スピーカーから音が聞こえない」、「通話中に相手の声が聞こえない」という不具合が発生してしまうことがあります。
iPhoneには「通話マイク」、「広域マイク」と2種類のマイクがあり、スピーカーも「イヤースピーカー」と「ラウドスピーカー」の2種類があります。
iPhoneのマイク、スピーカーは複数あるため、不具合の種類によって故障個所が異なります。
まずはそれぞれのマイク、スピーカーが故障することによってどのような不具合が発生するのか、確認していきましょう。

iPhone5s(アイフォン5s)の各パーツ・スペックを解説
2017.04.20

現在、大手キャリアでの販売が終了しているものの、未だ根強い人気を誇るiPhone5s(アイフォーン・ファイブ・エス)。みなさんは、iPhone5sのパーツにそれぞれどのような機能があるかご存知でしょうか?今回はiPhone5sの各種パーツを、前面、裏面、側面に分けて解説していきます。

iPhone5(アイフォン5)の各パーツ・スペックを解説
2017.04.20

2012年に発売されたiPhone5。これまでのシリーズと大きく違うところは、Lightningコネクタが導入された点です。さらに機能面もiPhone4に比べ向上しています。今回は、そんなiPhone5をもっとよく知るために、各パーツを前面、裏面、側面に分けて解説していきます。

iPhone(スマホ)様々な部品のトラブル対応ガイド
2017.04.20

iPhoneには「画面割れ」、「水没」、「ボタン、マイク、スピーカーの破損」以外にも様々な部品の故障によるトラブルがあります。 中には破損してしまうことで「iPhoneが起動しなくなる」といった危険性を持った部品もあります。
iPhoneを長く便利に使っていくためにも様々な部品について、故障時にどう対応していけばよいのか押さえていきましょう。

iPhone4s(アイフォン4s)の各パーツ・スペックを解説
2017.04.20

2011年に発売されたiPhone4s。iPhone4のデザインを受け継ぎつつも、ハードウェアなどは改善されています。さらに、今では当たり前となったSiriやiCloudが搭載されている最初のモデルです。 そんなiPhone4sをしっかり使いこなしたいですよね。そのためには、まずはパーツの名称や機能を知っておくのがオススメです。そこで、今回はPhone4sの各パーツを前面、裏面、側面に分けて解説していきます。

© 2017- bestcreate corp. All Rights Reserved